『家族が自立する・自分をもっと好きになる暮らしづくり』
ママ目線の住んで後悔しない家作りをするには?

ママ目線の住んで後悔しない家作りをするには?

収納編と動線編、全2回でということで企画・講師させていただきました。

今回オファーをいただいたのは、自然とつながる心地いい家づくり・富士市の エコフィールド株式会社さまです。

どんな内容をお話したか・・・

冒頭を少しだけご紹介^^

 

キーワードは人が主役の家

 

私の考える、ママ目線の住んで後悔しない家づくりのキーワードは

”人が主役の家であること”

 

そんなの当たり前でしょ?

住むのは人なんだし・・・

とみなさん思われますよね?

でもね、家づくり(新築・リフォーム・リノベ・マンション購入)の時に多くの人が多くの時間を割いて考えていることは、

LDKの他に、子ども部屋が●室、和室いるいらない?、納戸は?ベッドルームは最低何帖、そういったいわゆるパズルのピースを寄せ集めたような間取り

外観と内観のデザインやインテリア

ダイニングテーブルとソファは新調して、、、といった大型家具のこと

モノが入りきるか不安だからとにかく収納多め!そして扉で隠す!

ということ。

もちろんそれらも大事な要素。

ですが、よく考えてみて。

それって、実は、モノについて考えていることなんです。

暮らしやすくて、本当の意味で人が主役になるには

・家族の動き=動線

・家族・来客の目線・視線

・家族がよく使うものの配置

・家族が使いやすい・納めやすい収納方法

を考えることがとても大事なんです。

そんなことを全2回に渡ってお話しました^^

そして中身はとにかく”具体的”

動線編も収納編も成功事例・失敗事例をてんこ盛り。

私自身の家づくりの経験と、セカンドオピニオンとして施主様に間取り動線収納をアドバイスしてきた経験を全て詰め込みましたので、ご参加された方はかなりのお得感を感じていただけたのではないでしょうか。

 

参加者のご参加動機は・・

 

・後悔しない家づくりをしたかったので

・整理整頓が苦手ですが、苦でなくなりたいので

・家づくりにおいて動線の考え方に興味があったので

・物がたくさんありすぎて片付けきれないがスッキリしたいため

・我が家は物は少ない方だが、収納は必要だし、増えた際対応できる余裕も欲しい。どの程度のサイズ感で作るのが妥当か、悩んでいます。

など、建築計画がある方もない方も満遍なくご参加されました。

また、動線編を受けられた方の8割が収納編にもご参加。

動線編の内容がとてもよかったので!

というコメント付きでご参加いただきとてもありがたいことですね^^

 

ご参加者のご感想

 

・我が家を振り返ってみて、改善点が2つ見つかりました💮

・とても参考になりました。気づいたこと・思いついたことがありました。

・自分が知りたかったことが聞けてよかったです。

・家づくりのみならず、今後の生活においてもためになる内容でした。

・家の間取りや仕様を決めるにあたり活用できるようなアイディアがたくさんあり参考になった。

収納編から動線編の間にご契約されているご参加様もいらっしゃり、、、

主催社様の情報の提供の一役を担えたのであれば、これ以上嬉しいこともありません!

動線編にご参加が叶わなかったご参加者さまから、リピート開催のご希望を複数いただきました。

秋頃開催できるといいね、と主催者様と話を進めておりますヨ。

 

個別対応も好評です!

>>間取り動線収納アドバイス(click)

 

▽お友達になってください^^

友だち追加

 

▽5日間無料メルマガはこちらから

ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みと関係性をつくる仕掛け人・マスターライフオーガナイザー®のあがたよしこでした^^

 

Close Menu
Close Panel