『家族が自立する・自分をもっと好きになる暮らしづくり』
10アイテム10分!楽に毎日の私を作る、メイクグッズと収納法

10アイテム10分!楽に毎日の私を作る、メイクグッズと収納法

自分の印象を作る要素、たくさんありますよね。

ファッション、姿勢、髪型、表情、メイクなど。

毎日時間をかけて考えるもの、日々の積み重ねで自然と作られているものがありますが

毎日時間をかけないと仕上がらない・決められないのは、
ズボラな私にはハードルが高い。

だからなるべく簡単に、考えずに(考えるなら一度にまとめて、とか)印象を作ることを意識しています。

今回は顔!!
「愛用のメイク用品とその収納&メイクにかかる時間」についてご紹介してみます!

私にとってメイクとは?

人への礼儀(見苦しくないように)&自分への納得感(落ち込まないように)

スキルも必要以上の興味もないので、日替わりでカラーや仕上がりを変えることはありません。

むしろ、なるべくいつも同じ顔になるように。

印象を変えるのは、ファッションで、と思っています。

以前は、似合う色が分からず、メイク用品の買い物にもいつも困っていたけれど、パーソナルカラーがわかったことで、迷わず悩まず淡々とメイクを行うことができようになりました。

 

そもそも、いつ、どこでメイクする?

出かける、または来客・オンライン対応などで人と会う予定の60分〜30分前!
場所は、洗面所です。

家族を送り出した後の家事は基本すっぴん&家着で行なっている、というなんともズボラな感じです。

ほんとは、さっさとメイクをした方がシャキッとするのですが、おダラけ大好きなので、シャキッとしたくない願望が行動に隠れているかもしれません・・(笑)

場所が洗面所なのは、
1)メイク道具一式が収納されているから
2)時短メイクなので座るほどでもない
3)大きな鏡で全体の雰囲気を確認したい
からです。

メイクにかかる所要時間と、そのステップ、使用メイク用品

 

メイクにかかる時間は10分以内で終了。(基礎化粧→コンタクト装着→化粧)

そして大まかなステップはこちら。

 

まず、メイクに入る前に、洗顔をし、ローションとゲルクリームを塗ります。

基礎化粧に使用しているのはこちら

 

ベクティーナ ブランド紹介・商品一覧|肌結果を約束する FAITH(フェース)ベクティーナ ブランド紹介・商品一覧|肌結果を約束する FAITH(フェース) 
 

20代の頃、赤ら顔がコンプレックスで通ったサロンで紹介されたブランド。

私の肌にはすごく合うようで、この基礎化粧品でオイリー肌・赤ら顔を克服してから、肌トラブルほぼなし!

エステティシャンの方にも、きめ細かく張りがある肌ですね、と褒められたことも。

 
基礎化粧品で整えた後、1ー10のステップでメイクをしています。
 
1 化粧下地 (プリオリコスメ/ネット購入)
2 ファンデーション (インシスト/ネット購入)
3 アイブロウライナー (セリア) 
4 眉マスカラ (ドラッグストア)
5 チーク (ドラッグストア)
6 アイシャドウ (ドラッグストア)
7 アイライン (ドラッグストア)
8 口紅 (ドラッグストア)
9 ハイライト (雑誌の付録)
10 ローライト (雑誌の付録)
 
この1−10が1軍。
ドラックストアなど、地方でも簡単に手に入るものが多いですね。

通常の行程が1−10、急いでいても外せないものが青字、気合が入っている時は、これ以外にグロスなどをプラス。

上記以外に2軍として持っているアイテムは以下ですが、使用頻度は相当低いです。

 

 
 
メイクアイテム、何をいくつ持ってる?

 

1軍2軍合わせて一体何をいくつ持っているんだ?

ということで数えてみました!

 
 
左上から時計周りに

・シェーバー
・口紅3/リップグロス1/リップブラシ1/リップ1
・ブラシ3
・アイシャドウ3種類・アイライナー1
・ビューラー&毛抜き&眉バサミ (ほぼ使用なし)
・眉毛ブラシ&アイブローペン&マスカラ 各1
・ファンデーション&下地 コットンは予備含め8くらい
・チーク3
・コンシーラー&ハイライト系3

 
ちなみに、まつげに関するアイテムが(マスカラなど)がないのは、マツエクをしているからです。
マツエクのおかげで、毎朝のメイク時間も、上手にできないストレスもさよならできました。
 
 
 
メイク用品の収納場所と収納方法

メイク用品の収納場所は、洗面台の引き出し(下段)です。

 

 

 

身長などに合わせて鏡面の裏側にメイクグッズを収納する方が多いと思いますが、私の場合は引出し。

 
なぜここか、というと、鏡をみてメイクをするので、開けたり閉めたりしたくないため。
 
そして、自分にあった収納用品を収められるのがこの引出しなのです。
 
引き出しの中はこんな感じ
 
 
 
 
 
ダイソーの人気収納グッズ「積み重ねボックス(仕切りつき)」*2とセリアの収納ボックスで引出し内を3分割しています。

 
 
①奥のセリアの収納ボックスには、使用頻度の低い、コットン、ネイルグッズ、メイク用品や基礎化粧品のストックを。
 
②手前左側の積み重ねボックスには2軍メイク用品を
 
③手前右側の積み重ねボックスに1軍メイク用品を収納しています。
 
 
引き出しを開けて、1軍のボックスのみ、取り出して洗面台のサイドスペースに置きメイクを行います。

1ステップ♪

 
収納グッズはダイソーの積み重ねボックス(仕切りつき)

 

 
 
この積み重ねボックス(仕切りつき)を使っている理由は
 
1)1度に全部を取り出せる
2)仕切りがついているため、自立できる
3)半透明でどこからでも見渡せる→探さなくていい
4)引き出しのサイズにぴったり
 
という点です。
 

1)1度に全部を取り出せる 
おかげで、ワンアクションでメイクグッズを取り出せ、時短に繋がります。

2)仕切りがついているため、アイテムが自立できる
以前はポーチ収納でしたが、グッズを立たせることで、探す手間が大幅減です。

3)半透明でどこからでも見渡せる→探さなくていい
仕切りのどこに何を入れるか、については全くルールはありません。
ルールを作っても守れないので(笑)。
ここに入っていれば、ヨシです。
アイテム数が少ないので、探す、ということはありません。

4)引き出しのサイズにぴったり
1軍と2軍を左右に揃えてシンデレラフィットしているところが気に入っています。
1軍と2軍を分けることで、迷わずメイクが完了します。

 

さらに・・・

 

 

旅行の時などにはダイソーのスライダーバッグにいれて持ち運ぶので、持ち運び用の鏡をいれて、引き出し手前に収納してあります。

 

 

 

 

ちょっとした外出・旅行さくさくっと入れるだけ、楽チン重視です! 

今回見直してみて、引き出し一つを使えている現状は今のうちかも!と気づきました。

娘が大きくなったら、アイテムをシェアしたり、スペースをシェアすることになるでしょうから、2軍を徐々に減らして行けるよう、今後も観察していこうかなと思いました!

ご参考になれば嬉しいです。

 

▽最新の講座情報はこちらから

▽LINE限定お得情報も配信予定・お友達になってください^^

友だち追加

またはID:@rsk3546l

 

▽5日間無料メルマガはこちらから

ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みと関係性をつくる仕掛け人・マスターライフオーガナイザー®のあがたよしこでした^^

 

Close Menu
Close Panel