『家族が自立する・自分をもっと好きになる暮らしづくり』
ゴールは友達とパーティできる部屋!Yちゃんのお片づけ2

ゴールは友達とパーティできる部屋!Yちゃんのお片づけ2

ママが2泊3日で家を空けられるようになる為の大事な要素。

それは我が子が自分の時間・行動・持ちモノを、自分で管理(マネージメント)できること。

それらをかたづけで培うことができます。

帰国子女・小学生女子のお部屋をサポートした時の様子(後編)をご紹介します。

前編はこちら

前回一緒に作業をしてから4日後に再び訪問しました

宿題やった〜?

 

前回、90分で仕分けしきれなかったモノたちを宿題にして、自分で分けて見てもらっていました。(1人でやっても10〜15分くらいの量です)

Yちゃん、ちゃんと宿題をしてくれていました。

自分ではどう分けていいか分からない、というアイテムは少し残っていたけれど。

いいんです。

どう分けていいか分からないがあっても^^

分からないことが分かるのが大事だったりしますよね、何事も。

 

分別のあとは、お楽しみのデコレーション

 

初回は、必要なものと不要なものの分別、必要なものをどう分けたら自分にとって使いやすいかを選別、とにもかくにも「分ける」作業がメインです。

したがって、一旦モノが部屋中に溢れて、

「今までよりもすごいことになってますけど?!!」

な状態になります。

これは普通。大丈夫。

この「分ける」作業が終わると、次は使いやすく、そして見た目に楽しく「収める」作業。

これは楽しいですね。

 

青枠のダンボールには、お気に入りのレゴの作品が入っている、ということで、最後に開けて、それぞれを収納しました。

作業途中の様子

今回も敏腕アシスタントと一緒に〜

(注:敏腕アシスタント、自分のお片づけは苦手です^^;)

 

部屋のドアを開けると一番最初に目がいく場所を大好きな作品ゾーンにしました。

在庫?のレゴはここにまとめて収納

 

最終的にはこんな感じになりました!

<before>

<after>

<before>

<after>

<before>

<after>

 

2日間の合計所要時間は3時間・新たに購入した収納グッズは特になし。

収納用品をたくさん持っていて、たくさん余りました。 

終始Yちゃんはとっても楽しそうでした。

終わってから、「実はキープするのが大変なんだよね・・」となんて呟いたら、

「でも、できると思うよ!」と言ってくれたのが嬉しかったな。

・・なんでだと思います?

私が推察するに、自分の想いが形になったことと

自分で片づけられた!というのが自信になったのではないかな。

最初から最後まで楽しい片づけでした^^

(写真は転載不可・許可済み掲載)

Yちゃんのサポートメニューはこちら(click)

▽最新の講座情報はこちらから

▽LINE限定お得情報も配信予定・お友達になってください^^

友だち追加

またはID:@rsk3546l

 

▽5日間無料メルマガはこちらから

ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みと関係性をつくる仕掛け人・マスターライフオーガナイザー®のあがたよしこでした^^

 

Close Menu
Close Panel