『家族が自立する・自分をもっと好きになる暮らしづくり』
我が子の顔写真をプロフィール写真に使っているあなたへ

我が子の顔写真をプロフィール写真に使っているあなたへ

我が子の顔写真を、フェイスブックやLINEをはじめとしたSNSのプロフィール写真に使っているママ、多いなぁ〜!

個人的にはやめた方がいいと考えてます(特にフェイスブック)。

理由は3つ

1 誰にでも見られる可能性

タイムラインの内容は投稿範囲を制限できても、プロフィール写真は基本誰にでも見られます。

お子さんの顔が全世界に発信されているのを理解すべきです。

2 出会っても覚えてもらえない

リアルで会った後にせっかくSNSで繋がっても、その人の写真でないと、どんな人だったか相手は覚えられません。

頻繁に会うママ友とかでもない限り。

次に会うチャンスがあってもまたはじめまして〜みたいになりかねないし。顔覚えられてなかったらスルーされちゃうかも。

それってとても残念なこと。

SNSを繋がりの場と捉えるなら、まずは自分の顔をだして人に覚えてもらえるプロフィールにしましょう。

(動物や景色の人も同様)

3 あなたはママである前に1人の個人

実はこれが一番伝えたい理由。

我が子が可愛いのも、それに比べて自分を人前に出すことに憚られる気持ちもわかります。

かつては私もそうだったから。

でも、あなたは子どものママである前に、1人の個人であり、そのSNSのアカウント本人であり、かけがえのない存在なんだから、堂々と、自分を表現できる女性であって欲しいなぁと思います。

小さなことかもしれないけれど、大事なこと。

逆に、あなたが自分を表に出すことで感じる恥ずかしさほど、周りはあなたを気にしていない、ってのもあるし。

あ、自分含めた家族写真の方や、自分を表現するアイコンなどを使っているなど、使うことに意味がある人は、これには当てはまらないと思ってます。念のため!

妻、ママ、嫁、、役割が増える中で時々自分を見失いそうになりませんか?

そんな時でも。

あなたがあなたであるために。

小さなことを変えてみよう。

*トップ画像は先日お一人様でいきなりステーキデビューしてしまった時に、レポ用に撮った写真。

小さなことを変えていくとそのうちこんな恥写真さらしても平気になるほど図太くなれます(苦笑)

▽最新の講座情報はこちらから

▽LINE限定お得情報も配信してます!

友だち追加

またはID:@rsk3546l

▽5日間無料メルマガはこちらから

ママが23日で家を空けても家族が困らない仕組みと関係性をつくる仕掛け人・マスターライフオーガナイザー®のあがたよしこでした^^

Close Menu
Close Panel