『家族が自立する・自分をもっと好きになる暮らしづくり』
news every.しずおかで放送された「旅行の荷物をコンパクトにするコツ」

news every.しずおかで放送された「旅行の荷物をコンパクトにするコツ」

以前こちらのブログでもお知らせしました、しずおか第一テレビの夕方の情報番組news every.しずおかで取材を受けた内容が放送されました^^!

放送日の変更がありましたが、詳細にお伝えすることができず混乱された方もいるかもしれません、富士登山準備他でいっぱいいっぱいで・・至らずすみません。

また予想外にたくさんの方に見ていただいたようです!
洗濯ネット活用します!圧縮袋活用します!家に来てもらいたい!
などたくさんお声いただきました!
ありがとうございます^^

今日は放送された内容に加えてカットされた内容も含めて「旅行の荷物をコンパクトにするコツ」をお伝えします。

2泊3日を想定した親子(左半分:私 右半分:次女)の荷物の量。
少ない!!と驚かれました〜

放送ではこんな風にまとめてくださいました!

1旅先の設備やアメニティの把握
2かさばる物は圧縮袋などで小さく
3帰宅後を考えた工夫を!

1旅先の設備やアメニティの把握

一言で言うとこだわりを捨てる、と言うことかもしれません。

私も以前は「自分のこの枕じゃないと眠れない」とかこだわりがあったり、
多くの女性は、マイドライヤーやマイコテ、普段使いの化粧品、パジャマはホテルのは使いたくない・・などこだわりをお持ちの方もいらっしゃるかも。

そのこだわりの数だけ、荷物が増えていくかもしれませんね。
私は、コンパクトにしたいときは(車移動や実家帰省などコンパクトである必要がない時もあります)、なるべくこだわりを手放すようにしています!

荷物で一番かさばるのは衣類なので、
少なくとも旅先のホテルにパジャマがあればそちらを使うことで少しでも減らすようにしています^^

2かさばる物は圧縮袋などで小さく

こちらは実際に我が家がやっている、と言うよりは、乳幼児がいらっしゃるご家庭などのお困りごとに向けた提案ということで圧縮袋を提案させてもらいました。

圧縮袋、昨今はダイソーなどにも旅行用で可愛いものがたくさん並べられています。

実際にテレビではオムツのかさが半分になったので、予備で持っていくオムツや衣類などは圧縮していくといいなぁと思います!

近所のダイソーにて。ダイソーは店内写真撮影可能でブロガーにとっては有り難い!

また、圧縮だけでなく、トラベルポーチがかさばっている、という噂も!!

私はポーチではなく、基本透明のスライダーバッグを使っています。(荷物写真参照)
化粧品、アクセサリー、など全て。
中身が見えるので迷わないことも楽チンです。

3帰宅後を考えた工夫を!

こちらが一番反響があったみたいですが、帰宅後の片付けを楽にするために、旅先ででた洗濯物は洗濯ネットに入れて持ち帰り、そのまま洗濯機にINします。

以前は家族の洗濯物をユニクロなどの大きな袋に入れていたのですが、それでもいいんですが、それだと、帰宅時に誰か(主に親)の荷物が増えてしまうのですよね〜。

そう、我が家のモットーは「自分の荷物は、自分で支度し自分で持つ」
もちろん片付けも自分で。

ということで、洗濯ネットの採用で、片付けも自分ですることを促進させています。

ここからは放送されなかったことですが・・

じゃあ、子どもが自分の支度を自分でするようになるには??

娘自身もアナウンサーさんに伝えていましたが、自分の「お気に入りバッグを持つ」ということが1つの鍵だと思っています。

「自分の」がある。それが、自分でやろう!という気持ちを生み出します。
それがお気に入りなら尚更^^
なので、ちゃんと自分で選ばせてあげてくださいね〜。

旅先で荷物がごちゃつかない方法

本のように立てて収納すること!

積み重ね式に収納していくと、何かを探す時に中身がごちゃつきやすいですが、本をしまうように並べていくと、中身を上から見渡すことができ、探す時間も短縮できます!

他のコツはこちらでもご紹介しています!

それは全国どこでも無料でお配りしているセルフマガジン!

ご希望の方はこちらからお取り寄せくださいね〜
https://ws.formzu.net/fgen/S12224626/

▽最新の講座情報はこちらから

▽LINE限定お得情報も配信してます!

友だち追加

またはID:@rsk3546l

▽5日間無料メルマガはこちらから

ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みと関係性をつくる仕掛け人・マスターライフオーガナイザー®のあがたよしこでした^^

 

メニューを閉じる
Close Panel