『家族が自立する・自分をもっと好きになる暮らしづくり』
ヤングアメリカンズ(YA) 働く大人のワークショップに初挑戦してみて 3

ヤングアメリカンズ(YA) 働く大人のワークショップに初挑戦してみて 3

4回で完結の記事3回目です。
前回はこちら

2日目、ゆっくり休んでも胃の変な感じ変わらず。
ムカムカしてワークショップ始まってから食欲はずっとなし。
ホテルをチェックアウトしても会場に行ける気がせずホテルのロビーでぼーっと。
つくづく体調(健康)というのは大事で、メンタルへの影響度が大きいことも実感。

それでもなんとか昼前に会場に到着。
もう見学でいいかな・・と弱気100%。
一晩で治すつもりで安静にしたのに、結果改善されなかったことも気持ちを削ぐことに拍車をかける。

とはいえ流れでなんとなく(日本人的^^;)午後からのワークショップに参加。

教えてもらうのは、ショーの仕上げのライオンキング。
最初にYAだけのライオンキングを見せてもらう。
正直今まで何度も見たことがある。
それなのに、見ていて涙が止まらなかった。
一緒にワークしている(いや、ほとんどできてないんだけど私)仲間たちが放つエネルギーがすごくて。

そして私たち受講生が習う番。
ライオンキングの中での重要なテーマ、命の循環の意味とか意義とか聞きながら取り組んでいくと、、
なんだか不思議。
周りのみんなと一つになれていく感覚(Circle of Lifeの部分)。
スペースの狭さも全然気にならず、みんなの一部となって身体が動けるように。
飛び跳ねるとか、胃が重くて初日全然無理だったのに、不思議と飛び跳ねている自分。
身体の中から毒が抜けたか?!そんな感じ。

子どもがやっているのを見ているだけでは分からない、気づかない気持ちをたくさん経験した。

子どもたちに問いかけているのを聞いているのではなく、”私に”問いかけられているからこそ、どうなんだろう?と本気で考える。

話したこともない参加者とのハイタッチ。

やってもやっても身体が覚えないのに諦めずに見よう見まね
でするダンス。

やっていることはダンスや歌ではなく感情を込めた自己表現であること。

観客はどんなパフォーマンスを見たいのか、観客目線。。。

などなど。

さぁ。次は本番。
私はどうなっちゃうかな?(つづく)

▽最新の講座情報はこちらから

▽LINE限定お得情報も配信してます!

友だち追加

またはID:@rsk3546l

▽5日間無料メルマガはこちらから

ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みと関係性をつくる仕掛け人・マスターライフオーガナイザー®のあがたよしこでした^^

 

メニューを閉じる
Close Panel